街中を乗馬で巡る「うまさんぽ」 福島・南相馬で開催へ

Uターン地点となる相馬小高神社の境内を歩くワタリン

街中で乗馬を楽しめるユニークな取り組みが、福島第1原発事故の被災地、福島県南相馬市小高区で始まる。原発20キロ圏内の同区は「警戒区域」となり、住民は避難を余儀なくされた。5年前、ほぼ全域の避難指示が解かれたが、暮らす人は震災前の3割にとどまる。乗
情報元サイト:「毎日新聞」
[ オリジナルサイトで見る ]

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。