求められるデジタル・デバイド解消のためのコミュニティ型デジタル支援

高齢者を対象とした新型コロナウイルスのワクチン接種の予約が全国で広がる中で、スマホやインターネットの操作に馴染みがない、スマホ、インターネットアクセスがない方のニュースを目にしたことがある人も多いのではないでしょうか?或いは、自分の親、祖父、祖母の予約の手伝いをした(する予定)、という人も多いのではないでしょうか?そんな時に目にした総務省による今後5年間で「デジタル弱者」高齢者1,000万人の受講を目指す「デジタル活用支援推進事業 」構想の公表は、その重要性を改めて感じるとともに、とても難易度の高そうな壮大な事業であることを感じさせるものでした。続きをみる
情報元サイト:「COMEMO by NIKKEI」
[ オリジナルサイトで見る ]

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。