混雑情報に1日千件 宇都宮市のUスマート協議会実証実験 コロナ禍、密回避支援に

ウェブサイトで公開された「混雑情報マップ」のイメージ図

【宇都宮】情報通信技術(ICT)などの先進技術を取り入れたまちづくりに官民連携で取り組む「Uスマート推進協議会」の実証実験で、中心市街地の混雑情報を伝えるウェブサイトへのアクセス件数が、新型コロナウイルス感染拡大に伴う1、2月の緊急事態宣言期
情報元サイト:「下野新聞」
[ オリジナルサイトで見る ]

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。