求職者を成長産業に誘導 職業訓練と試験就労をセットで県提供へ

県は本年度、新型コロナウイルスの影響で離職を余儀なくされた求職者らに、「職業訓練」と「トライアル(試験)就労」の機会をセットで提供する。有効求人倍率が低い人気業界ではなく、成長産業や人手不足分野へ誘導し、職種間のミスマッチ解消を目指す。 (山本洋児)

県によると、年度内に百人の労働移動を見込む。こ
情報元サイト:「中日新聞」
[ オリジナルサイトで見る ]

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。