Amazonと三菱商事、日本初の再生可能エネルギー購入契約を締結

Amazonと三菱商事は、両社が日本の22メガワット(MW)太陽光発電プロジェクトでの電力購入契約(PPA)を締結したと発表した。三菱商事の電力小売事業子会社である、MCリテールエナジーが運用する集約型太陽光発電プロジェクトは、首都圏および東北地方にある現在開発中の450ヶ所以上の拠点で構成されている多数の地上設置型の太陽光発電設備で構成されており、2022~2023年にかけて順次稼働する予定だ。すべての設備が稼働すると、プロジェクト全体で年間23,000メガワット時 (MWh) の再生可能エネルギーを生成できるようになり、これは日本の一般家庭5,600世帯分以上の電力に相当するという。本契約は、コーポレートPPAを活用した集約型太陽光発電プロジェクトとしては日本初で最大のものとなり、再生可能エネルギーの利用拡大に大きな道筋をつくるとのことだ。アマゾン ウェブ サービス エネルギー戦略 ディレクターであるナット・サルストロム (Nat Sahlstrom) 氏は、次のように述べている。「今回、日本で進める本プロジェクトは、2030年までに全世界の事業を100%再生可能エネルギーで賄うというAmazonの取り組みを加速させるものです。このプロジェクトによって、当初の予定より5年早い実現に向けて進行しています。今回の三菱商事との共同プロジェクトは、アジア太平洋地域における当社の再生可能エネルギーへの取り組みにおいて重要な意味を持ちます。アジア太平洋地域では、企業が再生可能エネルギーを調達する際に、利用可能なエネルギーが限られていたり、規制が複雑であったり、コストが高いなどの問題に直面することがあります。また日本で初のコーポレートPPAとして、現在の送電網で利用可能な容量に新たな容量を追加にすることで、日本における再生可能エネルギーの活用を広げ、価格の適正化を促進します。私たちAmazonは、アジア太平洋地域の企業にとって再生可能エネルギーの調達方法を拡大できるように、地域の民間および公共のパートナーと協力していきます。」三菱商事 エネルギーサービス本部 本部長 岡藤 裕治氏は、次のように述べている。「Amazonと共同で取り組む本プロジェクトは、三菱商事、日本、そして私たちが共に掲げる再生可能エネルギーへの取り組みに対する大きな一歩となります。なお、
情報元サイト:「Digital Shift Times」
[ オリジナルサイトで見る ]

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。