既治療のEGFRエクソン20挿入変異陽性NSCLCを対象にmobocertinibが米国で迅速承認

武田薬品工業は9月15日、低分子チロシンキナーゼ阻害薬mobocertinib(TAK-788)について、白金系抗癌薬ベースの化学療法既治療のEGFRエクソン20挿入変異陽性非小細胞肺癌(NSCLC)を対象に、米食品医薬品局(FDA)から迅速承認を獲得したと発表した。エクソン20挿入変異陽性NSCL
情報元サイト:「がんナビ」
[ オリジナルサイトで見る ]

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。