セブン&アイ、新体制可決 社外取締役過半に

セブン&アイ・ホールディングスは26日、東京都内で定時株主総会を開いた。独立社外取締役を過半数にする議案が賛成多数で可決された。社外取が13人中5人にとどまっていた従来の統治体制から変わり、意思決定に影響が出てくる見通しだ。グローバル大手に見劣りする時価総額や資本効率をどれだけ引き上げられるかが課題
情報元サイト:「日本経済新聞」
[ オリジナルサイトで見る ]

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。