高齢者のデジタル機器活用支援 岡山県、山陽新聞社などと協定へ

岡山県庁

岡山県は26日、高齢者のデジタル機器活用を支援するため、山陽新聞社、携帯電話事業者と連携協定を結ぶと発表した。行政手続きのデジタル化の進展も踏まえ、スマートフォンの使い方講座を県内各地で開き、デジタルディバイド(情報格差)の解消を図る。

県などによると、山陽新聞社が地域貢献の一環として
情報元サイト:「山陽新聞」
[ オリジナルサイトで見る ]

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。