全部制覇したい!静岡のスイーツ5品!

静岡県は、旧令制国にすると「伊豆国」「駿河国」「遠江国」の三つに分けられていたほど広く、そのため食文化や方言も地域ごとに異なります。静岡の有名なお菓子といえば、浜名湖のうなぎパイがすぐに浮かんでくる人も多いそうですが、それだけではありませんよ!広い静岡県には他の地方ではちょっと見かけないようなスイーツがたくさんあるので、ここで紹介させてください。スイーツ好きさん必見、静岡に行く前に下調べしておきましょう。

ふじの國三代目福島宗平 お茶のブラウニー

S12520001_1

静岡といえば、日本茶。緑茶を使ったスイーツの中でも、かなり高グレードでスイーツ好きをうならせちゃう一品を紹介します。ふじの國三代目福島宗平は、こだわりの静岡茶工法で知られる日本茶ブランドで、日本茶だけでなくカフェなども海外出店しています。オリジナルのロイヤルエメラルドティーをたっぷりと使ったブラウニーは、いままでの緑茶スイーツの常識をくつがえすほど濃厚!そして、子供からお年寄りまで安心して食べられるマクロビオティックのコンセプトに基づいて、卵・乳・白砂糖不使用ですので、コレステロールや血糖値を気にせずに召し上がれます。スイーツ大好き、でもダイエットも気になる人にもうれしいですね。

【お茶のブラウニー】はこちら

扇屋製菓 南伊豆銘菓 サクサク最中とあんこで“作って”食べる〈 パリパリメロン最中 〉

S01960002_1静岡はメロンの産地としても有名で、メロンを使ったスイーツもたくさんあります。なかでも南伊豆の静代表的な銘菓といえば、昭和30年から地元で愛されてきた扇屋の「メロン最中」が有名です。そのメロン最中をさらに進化させたのが、「パリパリメロン最中」。パリパリサクサクの最中の皮とあんこが別になっていて、食べるときに自分であわせて食べます。あっさりした白あんと香ばしい皮のハーモニーが抜群においしいスイーツは、お土産にもぴったりです。

【パリパリメロン最中】はこちら

石田茶店 さくさく抹茶アーモンドキャンディー〔80g×10袋〕

S11620006_1

静岡茶を使ったスイーツをもう一品紹介しましょう。静岡県森町にある石田茶屋は、遠州森の茶を代表とする静岡茶を全国に届けているお茶専門店、そこの有名スイーツが抹茶アーモンドキャンディーです。キャンディーといっても、飴タイプではなく、サクサクとかめるクランチキャンディなので、日本茶はもちろんのこと、紅茶やコーヒーのお茶うけとしても抜群の相性です。個包装になっているので、ばらまき用のお土産にも最適!くせになるおいしさをぜひ味わってみてください。

【抹茶アーモンドキャンディー】はこちら

株式会社アビリティフィールズ 果実の気持ち

F05890001_0

スイーツをいろいろ試したいけど、カロリーが・・・という人に朗報!果物の名産地静岡だからこそ手に入れられるドライフルーツを紹介します。静岡県産のみかん・いちご・キウイフルーツを、それぞれの種類にあわせて製法を変え、マイクロ波による新しい乾燥技術で作られています。サクサクとした軽い食感と、口いっぱいに広がる果物本来の香りで、一粒食べただけで至極の満足感が味わえるでしょう。フルーツ三種が各3袋ずつ化粧箱に入っているので、お土産やギフトにもぴったりですよ。

【果実の気持ち】はこちら

静岡県中川根町村おこし特産品(有) 川根の茶栗まん

S65160001_0

静岡のお茶スイーツを、もうひとつ紹介しましょう。川根の茶栗まんじゅうは、名産川根茶を使った生地に、あんこと甘露煮の栗が丸ごと一粒入っている贅沢な和菓子です。製造元は川根茶の販売元である山口園なので、厳選された静岡茶が使われているのも一押しの理由です。餡は、小倉・栗・煎茶の三種類で、それぞれ違った風味を楽しめます。三種類のおまんじゅうが5個ずつセットになっているので、和スイーツ好きさんはもちろん、会社やご家族へのお土産にもぴったりですね。

【川根の茶栗まん】はこちら

【静岡のスイーツ】地元のスイーツファンがおすすめする5品!いかがでしたか?

全国的に知られているうなぎパイなどを省いて、紹介しました。おやつタイムに静岡茶を飲みながら、ほっこり癒してくれること間違いなしのスイーツばかりですので、甘いもの好きな人にはぜひ全部制覇してほしいものです!お土産やギフトにしても喜ばれる品ばかりですよ!

静岡県のまとめをもっと見る<名 物|名 産|特 産|土産>

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。